テーマ:発見

社員の発明対価と報償額

会社が支払う社員の発明対価。 青色発光ダイオード訴訟。 地裁で会社収益の半分600億円が認定されたが、 二審の高裁では8億円にまで評価は下げられた。 発明者の中村氏は記者会見で半狂乱に取り乱した。 会社収益の基礎が一人の天才社員の発明が基になった場合、 会社収益の大半をその一人の天才社員に渡していいのだろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more