mixi株価大暴落と経営改善の必要性

今、mixiに真価が問われている。 当初1株300万円以上の値をつけた株価は、 その後一ヶ月近く290万円前後で安定していた。 10月3日終値までは。 その後、下落につぐ下落を重ね、 10月6日終値では213万円まで暴落してしまった。 わずか3日間で、だ。 mixi株の大多数を占める個人投資家にと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

さくらちゃん心臓移植募金事件 ~ネットのアンチ集団化現象と募金の性質

知ってる人は知ってる話だが、 ある募金を巡ってかなり異常な現象が起きている。 それは、「さくらちゃんを救う会」 http://www.sakurahelp.com/index.html さくらちゃんとは特発性拘束型心筋症を患った少女。 例のごとく国内では幼年者の移植を禁じているため、 途方もなく大金がかかる国外移植手…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「mixi」の抱える問題点と見込まれ過ぎの株価

YAHOO、google、楽天など・・・ 既存のネットワーキングサービスに割って入る存在として 鳴り物入りで登場した次世代のITサービスSNSの最大手「mixi」。 そのmixiが2006年9月4日に東証マザーズの上場した。 SNSとは、ソーシャル・ネットワーキングサービスのことで、 『参加者が互いに友人を紹介しあって…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

薬害エイズ事件の利権構造・裏金構造

ここに来て薬害エイズに関してのニュースが いくつかピックアップされてきたので、 当時の薬害エイズについて、雑学知識に近い形でまとめてみた。 憤りと国家の恐ろしさを多少なりとも感じていただければ成功である。 薬害エイズの利権主体は、三つ。 「官僚」、「製薬メーカー」、「医師」。 そしてキーワードはふたつ。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

説得力

正論だからと言っても説得力があるとは限らない。 どのような至言も児童が語ったところでは説得力は生じない。 反面、それなりの地位の者の発言は内容問わず説得力が付いてしまう。 社会的な価値はそれ自体が説得力を生む。 権威や地位もそのひとつ。 だからこそ多くのものは社会的ステータスを求める。 持論を通すのが楽だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社員の発明対価と報償額

会社が支払う社員の発明対価。 青色発光ダイオード訴訟。 地裁で会社収益の半分600億円が認定されたが、 二審の高裁では8億円にまで評価は下げられた。 発明者の中村氏は記者会見で半狂乱に取り乱した。 会社収益の基礎が一人の天才社員の発明が基になった場合、 会社収益の大半をその一人の天才社員に渡していいのだろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加熱取材を引き起こす低俗な国民性

最近マスコミ取材の低俗化がひどい。 常時何十人の記者が何十人のカメラを被害者宅の前に配置して、 何か変化がある度に被害者周辺を撮影している。 プライバシーの欠片もない。 いわゆる集団的加熱取材(メディアスクラム)である。 だが大多数の視聴者がマスコミの現状を非難しているのなら、 このような行き過ぎた取材は自粛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more